歯周病治療・根管治療|大津市の歯医者「いしやま歯科医院」

歯ぐきから血が出る・虫歯がひどくなった(歯周病・根管治療)

ホーム > 歯ぐきから血が出る・虫歯がひどくなった(歯周病・根管治療)

いしやま歯科医院の歯周病治療

歯ぐきから血が出る・・・歯ぐきが腫れている・・・歯の隙間に食べ物が挟まる・・・口臭が気になる・・・歯がグラグラしている・・・

歯周病には様々な症状がありますが、「これくらいなら大丈夫」「大したことはない」「そのうち治るだろう」と甘く見て、放置はしてはいけません。みなさんが思っている以上に歯周病というのは危険な病気であり、最悪の場合、歯を抜かざるを得なくなってしまいます。抜歯という現実を目前にして、多くの方は「もっと早く治療を受けておけば良かった・・・」と後悔するのです。最悪の結果を招かないよう、少しでも歯周病が疑われる自覚症状があれば、早めに歯科医院を受診することが大切です。

歯周病ってどんな病気?~原因・メカニズム~

歯周病は、お口のなかの歯周病菌が引き起こす感染症です。歯周病になると、まず歯ぐきが炎症を起こして出血し、次第に歯を支えている歯ぐきや顎の骨が溶かされていき、重症化すると歯が抜け落ちてしまいます。また、唾液や血流を介して歯周病菌が体内に入っていくと、心臓や肺などの内臓疾患や脳梗塞、糖尿病の悪化、早産など、様々なリスクにつながることが分かっています。単なる歯ぐきの病気だと侮らず、異変に気付いたらお早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

歯周病になる条件

歯周病菌の直接的な原因は歯周病菌の存在ですが、その他にも、不十分な歯みがきや乱れた咬み合わせ、合っていない被せ物、歯ぎしりなどによって歯ぐきにかかる過剰な力、運動不足・睡眠不足・喫煙・ストレスなどによる免疫力の低下など、様々な要素が絡み合って発症・悪化する生活習慣病です。

そのため、歯周病治療においては、歯周病菌を除去することだけに目を向けていては、本質的な改善にはつながりません。食事・運動・睡眠など、生活全般を総合的に見直していくことが、本当の意味での歯周病の改善につながっていくのです。

歯周病の検査法

歯周ポケット検査

「プローブ」という器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行していることになります。

レントゲン検査

レントゲン撮影で顎の骨の状態を調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行していることになります。

歯の揺度検査

ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつく度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行していることになります。

PICK UP 歯周病が原因で早産になるリスクが高まる!?

PICK UP 歯周病が原因で早産になるリスクが高まる!?

歯周病はお口の中だけのトラブルではありません。歯周病にかかっている妊婦さんの早産リスクは、そうでない人に比べ7.5倍もあるといわれています。近年、歯周病と早産の関係を解き明かすべく、そのメカニズムについて研究が進んでいます。

出産には、激しい痛みをともなう陣痛が起こります。これはもうすぐ赤ちゃんが出てくるサイン。陣痛は、妊婦さんの体内に子宮収縮作用のあるプロスタグランジンという物質が多く分泌することで誘発されますが、このプロスタグランジンの分泌を促すサイトカインは、炎症によって増殖される生理活性物質です。歯周病菌による炎症が原因でサイトカインが増加し、その刺激でプロスタグランジンが分泌されることによって子宮の収縮が起き、早産を引き起こす……というわけです。

歯周病の程度が重度であればあるほど、血中のサイトカインが増加しているので、出産時期が早まる傾向にあります。早産ということは低体重児出産のリスクが高まることも意味します。妊婦さんは、つわりやホルモンの変化によって嘔吐反射が強くなることがあり、思うように歯を磨くことができず、虫歯や歯周病にかかりやすくなるので、出産の前の適切なタイミングで歯科医院で検診や治療を受けましょう。

歯周病の治療法

歯周ポケット掻爬術

軽度の歯周病に対して行う外科的処置です。歯ぐきに麻酔をして歯周ポケットのなかに溜まった歯垢・歯石を除去します。

フラップ手術

進行した歯周病に対して行う外科的処置です。歯ぐきを切開して顎の骨から剥離して、露出した歯根にこびり付いた歯垢・歯石や感染した歯肉を除去します。

PICK UP タバコと歯周病の関連性

PICK UP タバコと歯周病の関連性

喫煙者の方は、タバコを吸わない方に比べて歯周病のリスクが高まることをご存じですか?歯周病は、プラークが歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)に溜まり、歯周病菌が増殖することで引き起こされる炎症性の病気です。そして、禁煙者の場合、タバコに含まれるニコチンが原因で歯周病をさらに進行させてしまいます。

禁煙によって、歯周組織の免疫機能を低下させてしまうため、歯周病菌が繁殖しやすい口腔内環境になってしまうのです。そのうえ、歯の表面にヤニが付着することで、プラークや食べかすがこびり付きやすくなります。さらに、歯ぐきの血流量が低下すると、炎症や出血などの症状を見つけにくくなるので、病気の発見が遅れてしまい、最悪の場合抜歯が必要になることがあります。また、白血球の働きが弱まることで治療後の自己治癒力が衰え、患部が治りにくくなり、病気の再発を引き起こすので注意が必要です。

現在タバコを吸っている方は、日頃から禁煙を心がけたり、毎日のセルフケアを徹底したりしましょう。「歯ぐきから血が出る」「口臭が気になる」などの違和感がある方は、できるだけ早く歯科医師に相談するのをおすすめします。

ドクターより

大津市・石山駅から徒歩2分のいしやま歯科医院では、高度な医療機器を用いた歯周病治療を行っています。一人ひとりの患者さんの歯質や生活習慣・免疫力をしっかりチェックしたうえで、進行段階に合わせて最適な治療を行います。

歯周病は、生活習慣病の一つであると考えられています。いったん改善しても、以前と同じような生活習慣のままだと再発してしまうリスクがあります。「治療が終わったからもう歯医者に通わなくて済む」と考えるのはNGです。第一に、毎日の歯みがきをきちんと行うこと。それに加えて歯科医院で定期検診を受けることで、生涯、歯周病を寄せつけない口腔内環境を維持していきましょう。

予防治療で歯周病にならない口腔内環境づくりを

歯周病治療のお問い合わせ・ご予約はこちらから大津市・石山のいしやま歯科医院

いしやま歯科医院の根管治療

何もしていなくてもズキズキ痛む・・・虫歯がひどくなってしまった・・・

根管治療は、虫歯が重度まで進行してしまった場合に、歯を残すために行う治療です。虫歯に冒された神経を除去して、根管(神経が入っている管)内を洗浄します。根管治療は、歯科治療のなかでも非常に難易度の高い治療で、ドクターの技術・経験や医院の設備によって結果が左右され、後に再発を招いてしまうケースもあります。

?

当院は、これまで数多くの根管治療を手がけてまいりました。より確実性の高い治療を実現するために、NiTi(ニッケルチタン)ファイルという器具を導入。患者さんの歯の負担を最小限に抑えながら、精度の高い根管治療を実現しています。

PICK UP 日本の根管治療の現状

日本の根管治療の現状には、大きな問題点があることをご存知でしょうか? 実は、保険診療による根管治療では患者さんに十分な治療を受けていただくことが難しいのです。

例えば、自由診療での根管治療では、「ラバーダム」と呼ばれるゴム製のシートを用いて、治療部位に唾液に含まれる雑菌が感染しないよう注意して治療を行います。ラバーダムがないと雑菌による感染が起きやすくなるため、非常に危険なのです。ラバーダムを用いた根管治療の成功率が90%であるのに対して、ラバーダムを用いない根管治療の成功率が50%であるということからも、重要性をご理解いただけるのではないでしょうか。

PICK UP 日本の根管治療の現状

しかし、多くの歯科医院では、このラバーダムを使用せずに根管治療を行うことが多々あります。なぜなら、平成20年にラバーダムの保険点数が「0点」に改正されたことで、ラバーダムを用いて治療を行うと利益になるどころか赤字になってしまうためです。患者さんの安心・安全のためにラバーダムを使うと、歯科医院は損をしてしまう――これが、日本の根管治療の現状なのです。

だからといって必ずしも根管治療は自費診療ですべき――というわけではありません。自費診療は、やはり治療費の面で患者さんのご負担が大きいことは事実です。また、保険診療だからといって歯科医院が治療の手を抜くことは決してありません。そのうえで保険診療による根管治療には限界がある、ということもご理解いただければ幸いです。

ドクターより

歯科治療のなかでも根管治療は非常に難易度の高い治療で、治療箇所からトラブルが起きて再治療が必要になるケースも多くあります。

大津市・石山駅から徒歩2分のいしやま歯科医院では、精度の高い根管治療を行うため、NiTi(ニッケルチタン)ファイルという器具を導入しています。NiTiファイルは根管部を切削する器具。この器具を使用することで、根管内部の切削を正確に行うことができ、歯へのダメージを最小限に抑えることができます。

根管治療のお問い合わせ・ご予約はこちらから大津市・石山のいしやま歯科医院

MEWS

このページの先頭へ